得する!大阪で受けられる創業補助金・助成金まとめ

補助金・助成金は事業を国や公的機関、自治体などがサポートしてくれる、返済しなくてもよいお金です。
もしこれを知っていれば、例えばHPを作るときでも無料で、新規事業を立ち上げるときも予算をもらってスタートすることができます。

この機会にぜひ補助金・助成金を利用し、会社の発展に役立ててください!

今回は大阪で受けられる創業補助金・助成金を紹介します。
大阪での創業、事業を考えられている方は是非ご活用ください。

関連記事:得する!東京で受けられる創業補助金・助成金まとめ

大阪で受けられる創業時の補助金

まずは大阪で受けられる補助金をご紹介します。

創業補助金

創業補助金は、新しく会社や事業を立てることを国が促進・補助することで、雇用増加や経済の活性化を目的とした、国が出している補助金です。

補助金額は、

  1. 外部機関からの資金調達があれば50万円以上で100万円以内
  2. 外部機関からの資金調達がなければ50万円以上で200万円以内

となります。

補助率は2分の1です。

交付条件としては

  • 事業が完了するまでに雇用を1名以上増やすこと

金額自体はそこまで大きくはないですが、交付条件と審査共にもそこまで厳しいものではないため、創業して最初に申請する補助金としてはとても適しているといえるでしょう。

詳細:創業補助金

地域創造的起業補助金

こちらの補助金は特殊で、その名の通り地域創業に特化したものとなっています。

  1. 外部資金調達をしていない場合は50万円以上100万円以内
  2. 外部資金調達をしている場合は50万円以上200万円以内

の資金を受けることができます。

ただ交付条件として

  • 事業の実施完了までに社員を1名雇わなければならない
  • 産業競争力強化法に基づいた認定された市区町村での創業のみでしか補助されない
  • 産業競争力強化法に基づいた認定市区町村もしくは、認定連携創業支援事業者による認定特定創業支援事業の支援を受ける

など厳しいルールが定められていますので、募集要項を無理なくクリアできる事業者のみ申請されることをおすすめします。

また資料作成にも時間を要するため時間対効果を考えて申請しましょう。

詳細:地域創造的起業補助金

大阪起業家スタートアップ補助金

こちらの補助金はビジネスコンテスト型の補助金となっていて、優秀なプレゼンテーションをした方に補助金が与えられます。
参加条件は、大阪府内の事業者もしくはこれから起業される方となっています。

金額は100万円で、事業計画とその計画の達成率次第で最大3年間継続して受けとることができます。

交付条件は

  • 交付が決まった際に未起業の方は翌日から計算して1年以内に起業すること
  • 事業計画の設定した目標の達成

こちらは交付条件は低く、しっかりと事業計画を作れるかがポイントとなってきます。
あらかじめ事業モデルをブラッシュアップし、専門家や他の事業者に相談等の準備を行なっていれば補助金獲得のハードルは下がるでしょう。

詳細:大阪起業家スタートアップ補助金の概要/大阪府HP

オール大阪起業家支援プロジェクト

こちらは補助金ではないですが、大阪府が運営している起業家向けの情報サイトになっています。
近年大阪府は起業家の増加の促進と育成に力を入れており、今大阪で行われているピッチやビジネスコンテストの情報を発信しています。

ここで良いイベントやピッチコンテストを見つけて、参加して上位に入れば賞金または補助金をもらうことができます。
補助金や資金調達が必要な方は随時こちらのサイトを確認することをお勧めします。

詳細:オール大阪起業家支援プロジェクト

ものづくり・商業・サービス補助金

この補助金は中小企業庁がおこなっている補助金で、主に中小企業が行う新しいサービスや商品の開発やプロセス、生産性を向上させるプロセスの補助を行なってくれます。

金額もかなり大きく最大で1,000万円まで、補助率は3分の2〜2分の1ととても大きな金額で使える分野も設定されています。

ものづくり補助金も通常返済不要であり、もし利益が多くで得た場合は返済が必要となっていますが、必ずしも義務が課せられるというものではありません。
よって資金繰りに大きなゆとりをもたらしてくれるでしょう。

創業・第二創業促進補助金

第二創業促進補助金は、次世代への事業承継後の新事業や新分野への展開をサポートしています。

新たなニーズを促進する補助金で、金額は最大で200万円となっていて、補助率は3分の2です。
ただし既存の事業を壊す場合に限り、廃止費用として800万円まで受けとることが可能となります。

ものづくり補助金と同様に、幅広い範囲の経費に充てることが可能なのでおすすめです。

小規模事業者持続化補助金

この補助金は小規模事業者向けに、新規の販路開拓や生産性の向上を目的としたものとなっています。

金額は50万円で補助率は3分の2と他の補助金と比べて低く思われがちです。
しかし、複数の事業者と一つの事業を行う場合は、1つの事業者あたり50万円の補助金を受けとることができるので、共同事業を行う事業者にとってはとてもおいしいと言えるでしょう。

審査自体は経営計画書と事業計画書の提出となっていますので、まだ作成していない方にとってはかなり時間が取られると思います。
よって、早めの作成をおすすめします。

詳細:現在公募中の支援事業・補助金等/中小企業庁

詳細:補助金・助成金ヘッドライン/ミラサポ

大阪で受けられる創業助成金

次に、大阪で受けられる助成金をご紹介します。

「助成金」は厚生労働省やそれに関係する団体が管理していて、主に募集条件さえクリアできていれば交付されることが多いです。
ですので、「補助金」に比べて受け取れる可能性が少し上がります。

トライアル雇用奨励金

こちらは職業経験が少なく、経験が不足等している求職者に対して3ヶ月間の試用期間を設けることで、その間に適性を見極めるための助成金になります。

そのため、労働者が会社の事業ややり方に合うかどうかをその労働者の給与を一部負担してもらいながら雇うことができるということです。

金額は対象者1人につき、月額最大4万円、最長で3カ月間となっています。

受給対象の事業主には26個の対象要件がありますので、詳しくは下記のリンクをご確認ください。

詳細:トライアル雇用奨学金

キャリアアップ助成金

こちらは派遣労働者や短期労働者などの非正規雇用者をキャリアアップ、つまり正社員やその他の役職へ促すための助成金になります。

コースや条件がとても細かいため、ここでは一般的な「正社員化コース」だけご紹介します。

有期契約労働者等を正規雇用労働者等に転換または直接雇用した場合に助成されます。

助成額は1人当たり28万5千円から72万円までで、3パターンに別れています。

  1. 有期 → 正規:1人当たり57万円<72万円>
  2. 有期 → 無期:1人当たり28万5,000円<36万円>
  3. 無期 → 正規:1人当たり28万5,000円<36万円>

事業者の規模は以下の通りとなっています。

詳細:厚生労働省大阪労働局多くの雇用を生み出す予定のビジネスモデルであればぜひキャリアアップ助成金を利用し、労働者のモチベーションアップに繋げてください。

キャリアアップ助成金詳細:キャリアアップ助成金のご案内

最後に:得する!大阪で受けられる創業補助金・助成金まとめ

助成金・補助金は種類がとても多いため、申請のできる補助金・助成金を探すだけでも一苦労です。
さらに申請手順も細かいため、初めて申請される方にとっては大変な仕事となります。

申請できるものはないと思っていても見落としや調べ不足なこともありますので、税理士や専門家に一度相談してみることをお勧めします。

またもし助成金や補助金がない場合、足りない場合は創業初期向けの創業融資制度というものもありますのでチェックしてみてください。

関連記事:損しない!大阪府で利用可能な創業融資制度を比較してみた

LINEで無料簡単お問い合わせ

ハートランド会計事務所のLINE@を友達に追加して、今すぐ無料で融資相談を受けられます。

友だち追加