他社より一歩先へ!創業融資のサポートを受けるためのコツ

創業期というものは、特に何から始めて何を注意したらいいか分からないことが多いと思います。
これは、創業という経験をしたことがないからです。

この経験や知見を多く有しているのが税理士などの専門家です。
この記事では、専門家から創業融資や創業期のアドバイスやサポートを受けるとなった時、実際にどのようなアドバイスやサポートを受けることができるのか、ご紹介していきます。

1.初めての創業融資、サポートってどんなものがあるのか

創業融資に必要な書類というのは非常に多いものです。

創業融資の場合、最も重要な書類が事業計画書となります。
この計画書がなければ、その人は創業して何をしようとしているのか、どんなビジネスになるのか、そしてその勝算はあるのかといったことが誰にも分からなくなってしまいます。

この創業融資のために非常に重要な事業計画書ですが、自分ひとりで事業計画書を作ると、融資側が知りたい情報や確認したいことが抜け落ちてしまう可能性があります。

そのため、事業計画書に関しての知見やスキルを持った専門家にアドバイスを受ける必要があるでしょう。

これが、創業融資のサポートとなります。他にも、専門家によっては、返済スケジュールの作成や、そもそもの創業計画そのもののまでコンサルしてくれる専門家もいます。

ぜひ、自分に合った専門家を探してみてください。

2.創業融資サポートの手数料の仕組みとは

創業融資サポートに限定せずとも、専門家の知見やスキルを借りるとなった場合に気になるのが手数料ではないでしょうか。
創業融資サポートにおける手数料体系は大きく分けて2つです。

2-1.着手金型

着手金型は、サポートをお願いする際に前払いの形で支払うタイプの手数料となります。
この場合、創業融資を受けれなかったとしても、返金されることはありません。

着手金型のメリットは、定額制で予めわかりやすい料金となっている点です。
また、着手金そのものとしての金額はかなり低めに抑えられているため、高額の融資を狙っている人にとっては、手数料そのものを抑えられる可能性があります。

一方で、デメリットとしては、やはり失敗したらお金が返ってこない点です。
専門家の立場からすると、成功に対するインセンティブが働きにくいという問題もあります。

その後の顧問契約などを考えている場合はともかく、創業融資サポートのスポットとして利用したい場合は、融資が受けられず終わってしまうことがあるため、あまりおすすめできません。

2-2.成功報酬型

成功報酬型は、創業融資を受ける金額によって、手数料が変わる仕組みです。
創業融資の総額の何%(多くの場合2~5%)となっており、仮に創業融資を受けるのに失敗した場合には、手数料は発生しません。

成功報酬型のメリットは、創業融資に失敗した場合は、手数料を払わなくてよいという点です。
また、専門家のインセンティブも働きやすくなります。

一方でデメリットとしては、手数料が高額になりがちであるという点です。
例えば、仮に総額の2%だったとしても、500万以上の融資では、10万円以上の手数料がかかってしまいます。

着手金型と成功報酬型のメリットデメリットは、まさにコインの裏表となっています。

また、場合によっては、着手金型と成功報酬型をセットにしたような契約もあります。
この場合は、インセンティブが働くため、成功確率が高まるといえますが、残念ながら手数料総額は上がってしまう傾向にあります。

3.創業融資のサポートを任せたいコンサルタントの特徴とは

創業融資のサポートを任せたいコンサルタントの特徴として大きく2つ取り上げましょう。

まずひとつは、自分の創業に関するイメージを理解してくれる人を探すということです。

多くの経験を持つコンサルタントであっても、自分が考えている創業プランが独創的であればあるほど、理解されない可能性があります。
当然、創業に関わるコンサルタントですから、そうした独創的なプランには絶えず目を通しているはずですが、それでも、理解できるものとできないものが出てくるものです。
たとえば、ビジネスにおいて感の冴えわたるような人であっても、ことITについては全く理解できないといった人はよくいます。

まずは、このポイントについて自分の感性に合った人を探す必要があるでしょう。

もうひとつは、どの創業融資に強いかです。

多くの場合、日本政策金融公庫の創業融資制度を推していますが、創業融資制度はそれ以外にもたくさんあります。
地方自治体の創業融資制度は、金融機関の審査が通りやすくなる、金利が低いといったメリットがあります。
使えるのであれば非常に大きな武器となるでしょう。

また、地方の信用金庫などにも充実している仕組みを整えているところはあります。
コンサルタントはそのすべての融資に対してどのようにアプローチしているのかを確認してみてください。

政府が行っている創業融資だけでなく、総合的に判断できるコンサルタントこそ、優れたコンサルタントと言えるでしょう。

4.創業融資に強いコンサル(税理士事務所等)5選

最後に創業融資に強いコンサルとして5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

4-1.ハートランド会計事務所

ハートランド会計事務所

ハートランド会計事務所は、なんと創業融資支援の成功率が100%を誇る、驚異の会計事務所です。
経済産業省認定の経営改革等支援機関としても登録されており、信頼の厚い会計事務所と言えます。

夜間・休日でも対応可能であり、何かのトラブルが発生しても、ハートランド会計事務所ならすぐに対応してくれるでしょう。

4-2.Activision税理士事務所

Activision税理士事務所

Activision税理士事務所では、大阪市を活動の中心とはしていますが、関西全域の創業融資を積極的にサポートしてくれる税理士事務所です。

創業融資だけでなく、事業の立ち上げのコンサルといった細かい部分にも対応してくれます。
電話での相談は土日祝日も対応しています。

4-3.税理士法人JNEXT

税理士法人JNEXT

創業融資に関しては、累計でなんと15億円以上もの実績を誇る、創業融資のエキスパートとでもいうべき税理士法人が、税理士法人JNEXTです。

創業融資をサポートするための組織構成となっており、また、代表は数々の株式会社の役員を歴任してきた経歴を持つため、会社を運営する際のトラブルにも強い税理士法人と言えます。

4-4.税理士法人YFPクレア

税理士法人YFPクレア

税理士法人YFPクレアは、新宿・浦和・千葉・横浜の4つの拠点でサポートしている、一都三県の創業融資に強い税理士法人です。

また、代表は元銀行マンであるため、借りる側の心理だけでなく、貸す側の心理にも強い税理士法人と言えるでしょう。

4-5.Credo税理士法人

Credo税理士法人

Credo税理士法人は、他の税理士法人とは少し違った角度からサービスを展開しています。
その角度とは、飲食店専門です。

飲食店で創業したいという人にとっては最適な税理士法人と言えるかもしれません。

また、飲食店にまつわるトラブルや経営相談にも積極的に対応してくれます。

5.まとめ

創業融資は、一人で申請しても、成功率は50%にも満たないと言われています。
また、事業計画書の添削を通じて、自分が展開したいと考えているサービスの強みと弱みが明確になるというメリットもあるでしょう。

創業融資でお金が調達できれば、その後の計画も非常に楽になります。
ぜひ、専門家のサポートをうまく利用して、創業融資を狙ってみてください。

LINEで無料簡単お問い合わせ

ハートランド会計事務所のLINE@を友達に追加して、今すぐ無料で融資相談を受けられます。

友だち追加