【企業のイロハ】融資から考える銀行選びのコツとは

創業期においても、お金の入出金がある限り、銀行口座は必要不可欠なものといえます。
では、どの銀行に銀行口座を作るべきなのでしょうか。

今回は、創業期や起業の際の銀行選びについてみていきます。
いったい何を基準に選ぶべきなのか、を紹介していきます。

1.創業支援から見る銀行選びとは

創業期、あるいは起業したばかりのベンチャー企業にとって、銀行選びとは、思った以上に重要なものといえます。
理由は端的に、銀行によって、創業支援を受けれる可能性があるためです。銀行と一言でいっても、大きく分けて4つに分類されます。

都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合の4つです。

都市銀行とは、多くの人が大きな銀行として認識している銀行といえます。
具体的には、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行の4つです。
都市部を中心に全国展開している銀行で「メガバンク」ともいわれています。

続いて、地方銀行とは、各都道府県に本店を構えて、その地域に根差したサービスを展開している銀行です。
地場で長くビジネスを行っていこうと考えているのならば、無視していい存在ではありません。

信用金庫とは、会員の出資による地域金融機関といわれ、営業地域は、その地域に限定して行われています。
その地域のための金融機関であるといえ、その地域に対する知見の深い金融機関です。

信用組合は、組合員の出資によって賄われている金融機関であり、相互扶助を目的とする非営利の団体です。
貯金の受け入れや貸し付けが組合員に限られていて、組合員になれれば、様々なサービスを気軽に受けられるようになっています。

これらの銀行については、それぞれ役割が決まっており、また特色もあるため、口座を複数開設し、それぞれの特徴を活かしていくという手もあります。
特に企業にとっては、融資やビジネス支援が受けられるかどうかは非常に重要です。

創業期や起業してすぐに企業にとっては、信用金庫や信用組合のサービスをうまく活用できるように、メガバンクや地方銀行に一つ、信用金庫に一つといった形で口座を開設することが多いようです。

2.新米起業家の銀行選びの注意点とは

銀行選びにおいて、融資が受けやすいかどうか、ビジネス支援が充実しているかどうかは非常に重要なポイントといえます。
一般的に、都市銀行や地方銀行は、株式会社であり、株主の利益を最大限に追及するため、利益重視の経営が基本です。

一方で、信用金庫や信用組合は、利用者である会員や組合員の利益を追求していきます。
そのため、社会的信用が少ない起業して間もない新興企業でも、熱心に話を聞いてくれる傾向にあるのです。

利益重視の経営ということは、当然、話もお金や収益性重視の話となるため、ベンチャー企業のような成長性や可能性を評価するという話になると、途端に話が通じにくくなってくるのが都市銀行や地方銀行です。

一方で、財務状況だけでなく、社長の人柄や成長性、あるいはその事業の必要性などを温かく見守ってくれるのが信用金庫や信用組合といえるでしょう。
また、起業時であれば、そもそも口座が作りやすいかどうかという点も注意が必要でしょう。

都市銀行や地方銀行において法人口座を作る際には、審査が非常に厳しいという点を忘れてはなりません。

一方で、信用金庫の場合は、審査がかなり緩く、法人化したばかりでも比較的口座が作りやすくなっています。
審査機関は、都市銀行や地方銀行では2週間前後、信用金庫では1週間程度です。

ただし、地方銀行の中には、横浜銀行などは1週間前後で審査が終わるといった素早い対応をしてくれる銀行も現れています。

結果として、都市銀行や地方銀行は、起業時の融資などが非常に難しい可能性が高いです。
一方で金利は非常に低い傾向にあります。信用金庫や信用組合は、起業時の融資などを考えると、非常サポートが厚い傾向にあります。

一方で、金利については高めの設定となっているのです。
このあたりの性格の違いをしっかりと理解して、取引先金融機関を決めていくことをお勧めします。

事業を進めていく際に、金融機関と付き合っていく上でのポイントは、大きく分けて「融資されやすいか」と「社会的信用性」です。

都市銀行の場合は融資が難しいですが社会的信用性は高まります。信用金庫や信用組合の場合は完全に逆になります。
今の経営環境を考えて、何が一番必要なのか、意識していきましょう。

最近では、インターネットバンキングも広まりつつあります。
手数料が安い、24時間対応してくれている、口座維持手数料が無料といった魅力も高いため、利用しない手は無いです。
ただし、社会的信用性に関しては低い傾向にあるため、こちらも注意が必要でしょう。

3.教えて、簡単な銀行選びのチェック項目とは

起業時における銀行選びにおいて、重要な点は、融資のしやすさと起業支援です。ここでは、起業支援についてみていきましょう。

実は、最近ではメガバンクでもベンチャー支援を掲げて融資枠を広げている銀行が出てきています。

みずほ銀行では、2016年に200億円程度だったベンチャー・創業支援融資枠を、2018年には500億円にまで広げています。
また地方銀行の中にも、中京銀行や常陽銀行などで、積極的な創業支援策を展開しているところも出てきているのです。

しかし、創業支援と一言でいっても、その質は大きく変わってきます。つまり、自分の事業のステージによって金融機関を変えるべきといえるのです。
一般的な基準で考えるとやはり年商ベースで考えるべきでしょう。

都市銀行・・・年商10億円超

地方銀行・・・年商5億円前後

信用金庫・信用組合・・・年商1億円以下程度

ベンチャーや創業、起業においても、コツコツ着実に進んでいくという考え方は非常に重要です。
確かに、都市銀行と取引をしているというのは、社会的信用性を考えると非常に大きいものでしょう。

もしかしたら、他の取引先とのやり取りにすら影響を与えかねません。
しかし、いきなり都市銀行を主要な取引銀行としてしまうと、融資サポートを受けられず、資金調達に大きな問題を抱えがちなのです。

自分の事業のステージに合わせて、少しずつ付き合う銀行を変えていくことで、効率的に事業を成長させることが可能といえるでしょう。
また、信用金庫や信用組合は、社長の人となりを見ながら付き合ってくることがあります。

そのため、コツコツ少しずつ事業を成長させているという信用が得られると、大きなサポートを提案してくることがあるのです。
事業自体の採算性を度外視しての、こうした努力や過程を評価してくれる存在というのは、お金という面で大きな苦労をしていくベンチャー企業の社長としては非常にありがたく心強い存在となるのは間違いありません。

ぜひ、創業時には、信用金庫や信用組合とのつきあいを大事にしてみてください。

4.まとめ

起業間もない法人にとって、都市銀行との付き合いは、社会的信用性という意味で非常に大きな価値を持ちます。
しかし、いきなり都市銀行とのやり取りのみで進めていくことは、無理や無駄な背伸びに繋がりがちです。

確かに、起業というスピードの激しい環境にいると、コツコツではなくジャンプアップを目指したくなります。

しかし、そうした環境でどこまでコツコツと着実に進められるかが、その後の成長性に大きな影響を与えるのです。
ぜひ、創業時には、心強い存在となる信用金庫や信用組合にも目を向けてみてください。